教育

教育

生物を生活している姿で観察し、本来の生きた姿で実験出来る強みを生かし、海洋生物を対象とした生物学に関する大学院・大学教育を行っています。また、一般や児童などを対象に海洋生物に関する教育普及活動も実施しています。また、平成23-27年度, 28-32年度と継続的に文部科学省の共同利用拠点に認定されています。詳しくはMEXT拠点事業をご覧下さい。

学部教育

陸奥湾には日本海を北上する日本海流に由来する暖流系の生物と、北海道東岸を南下する千島海流に由来する寒流系の生物、さらに内湾性の生物が生息しています。これらの多様な生物を材料にして、東北大学理学部生物学科の学生を対象に、以下のカリキュラムを実施しています。
生物学へのアプローチ(生物学科1年生)
海洋生物学及び実習I(生物学科2年生:海産動物の多様性、系統、進化)
海洋生物学及び実習IIA(生物学科3年生:ウニ胚発生過程の多様性)
海洋生物学及び実習IIB(生物学科3年生:潮間帯の生態学)
海洋生物学及び実習IIIA(生物学科3年生:海産無脊椎動物の卵成熟と受精機構)
海洋生物学及び実習IIIB(生物学科3年生:棘皮動物の神経系形成と機能)
セミナー(生物学科4年生)
課題研究(生物学科4年生)

大学院教育

東北大学大学院生命科学研究科に在籍する大学院生に以下のカリキュラムを実施しています。
細胞生物学合同講義
海洋生物学概論
海洋生物学特論
発生神経科学特論
生殖生理学特論
発生ジェノミクス特論
セミナー
課題研究

公開実習教育

国公立大学大学院生および理学部3年生以上の学生を対象にして、単位互換制度に基づき、当センターの研究プロジェクトに関わるテーマで公開臨海実習を開講しています。専門的な実習を提供するとともに、各校の学生間の交流を図ります。
以前に実施された実習テーマ
「棘皮動物の発生:受精・卵割から神経系形成まで」
「卵内カルシウムイオンの役割を中心にした卵成熟と受精機構の解析」
「ウニ初期胚の胚葉誘導、体軸形成、組織分化の調節遺伝子と細胞間シグナル」
「ウニ・ヒトデ・クラゲの発生学」
「北の海、潮間帯の生態学」 など
詳しくはこちら!

他大学の臨海実習

当センターを広く活用するため、本学が主催する実習以外に、他大学の実習も各大学のカリキュラムに沿って行われています。
当センター利用大学
弘前大学教育学部
弘前大学農学生命学部
岩手大学教育学部
宮城教育大学学部課程
宮城教育大学大学院修士課程
山形大学地域教育文化学部
山形大学理学部
埼玉大学 など