津田記念館

津田記念館の外観


津田記念館の標本室

津田記念館のあらまし

 この記念館は,津田弘氏の寄付により昭和62年に会館した日本一大きい植物標本館です。津田弘氏は,大正14年2月4日名古屋市に生まれ,中学時代に将来植物分類学者になろうと決意され,昭和19年東北帝国大学理学部生物学科に入学されました。しかし,昭和20年の空襲で焼け出され,故郷に帰り,名古屋大学を卒業されました。その後,ヒマラヤ製菓株式会社を創業され,ヒマラヤ美術館を設立されました。津田氏は,昭和59年6月に植物分類学の殿堂を建設するためとして3億円を東北大学に寄付して下さりました。この記念館は,津田氏の寄付により建設され,津田氏が生涯深く尊敬しておられた牧野富太郎博士の誕生日にちなみ昭和62年4月24日に開館しました。
 津田氏は,平成元年7月10日名古屋で永眠されました。ご自身は植物分類学者として生きることはありませんでしたが,植物分類学者の誰もができなかった大きな功績を残されました。
 この記念館には,東北大学生物教室第三講座(植物分類学講座)開設以来の植物標本が納められています。 現在,多くの研究者や学生がこの記念館を利用しています。また,記念館では国内外を通して植物標本の収集が精力的に行われています。

館内内容


 館内は次のようになっています。

荷台(中3階) さく葉庫
2階 さく葉庫,整理室
1階 木村有香記念室,資料図書室,分類検索室,標本作成室,貴賓室,ラウンジ等

 植物園の植物標本庫は国際的に登録されています。詳細は,Herbariumu 標本庫(右下)をご覧下さい


2階・標本整理室の様子
名称 東北大学植物園
国際記号 TUSGおよびTUSw
連絡責任者 鈴木三男
所在地 〒980 宮城県仙台市青葉区川内
電話&FAX:022-217-6788
標本点数 TUSG
整理済み標本121,680点(種子植物:115,000点,シダ:6,000点,コケ:500点)
未整理標本67,000点

TUSw
現生材(材鑑・材ブロック:6,000点,プレパラート:27,000点),埋れ木プレパラート(未石化材化石):96,600点,材化石(プレパラートおよびその原石):1,100点

名称 東北大学大学院理学研究科生物学専攻 植物分類学教室植物標本室
国際記号 TUS
連絡責任者 大橋広好
所在地 〒980‐77 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉
電話:022-217-6687&6689
FAX:022-217-6689
標本点数 整理済み標本:235,550点(種子植物220,250点,シダ:8,300点,コケ:6,000点,藻類1,000)
未整理標本:251,000点
Herbarium 標本庫

 東北大学植物園の標本庫は国際登録されています。「TUSG」が植物園本館に,「TUSw」と「TUS」がこの記念館に所属しています。この3系統の標本庫と登録内容は,左の表のようになります。なお,この登録内容は,登録当時のものです。標本点数および連絡先が変更しています。

所蔵標本の特徴

■東北大学植物園植物標本室(TUSG,TUSw)
 1994年4月に金沢大学教養部生物学教師鈴木研究室より移管。さく葉標本および材鑑の証拠標本はTUSに保管。標本は現生材,埋れ木,材化石(中生代,第三紀材化石)からなる。材鑑・材ブロック:6,000点はネパール産材:2,600点を含む。材化石はタイプ標本:27点を含む。

■東北大学標本室(TUS)
 この標本室に収蔵されている標本の主体は維管束植物の押し葉標本であり,現在約300,000点が整理された状態にあります.とくに,木村有香の研究したヤナギ科,大橋広好の研究したマメ科は充実しており,96点の正基準標本(Holotype)を含む293点の基準標本と論文の証拠標本多数が含まれています.この標本室の標本の採取地域は,東北地方のものが多く,東北地方以外では琉球諸島からの標本に重要なものが多いです.国外では,台湾,中国南部およびチベット,ネパール,北アメリカ,オーストラリアで採取された標本が多く収蔵されています.
 

   
Copyright(C) 2007- Botanical Gardens, Tohoku University

サイト内の画像および文章の無断転載・引用を禁じます。