東北大学植物園八甲田山分園の歴史

1929年(昭和4年)  東北帝国大学生物学教室附属八甲田山植物実験所として開設された。
1966年(昭和41年) 東北大学理学部附属八甲田山植物実験所となる。
1985年(昭和62年) 新管理棟が完成する。
2000年(平成12年) 東北大学大学院理学研究科附属八甲田山植物実験所なとる。
2004年(平成16年) 東北大学大学院理学研究科附属植物園八甲田山分園となる。
2005年(平成17年) 東北大学植物園八甲田山分園となる。

 八甲田山分園のあらまし

 東北大学植物園八甲田山分園は,2004年(平成16年)に東北大学理学研究科附属八甲田山植物実験所を改称して発足した分園です。
 八甲田山分園の前進である,八甲田山実験所は1929年(昭和4年)に,当時の東北帝国大学により,山岳地帯における植物学的研究,とくに植物生態学に関する研究と教育のため施設として開設されました。以来,現在に至るまで,東北大学をはじめ世界各地の研究者を広く受け入れ,植物生態学や花粉分析を中心とした日本の山地・高山・火山の植物学的研究に大きな貢献をしています。

紅葉の中の八甲田山分園

現在の実験棟

1930年頃の実習棟
開所当初の八甲田山分園(実験所)
開開所当時の実験棟
1930年代頃の大岳
(撮影:木村有香教授)

   
Copyright(C) 2007- Botanical Gardens, Tohoku University

サイト内の画像および文章の無断転載・引用を禁じます。